ルミガンはオオサカ堂通販が早く届くよ

ルテインは飲む日焼け止めサプリにも入ってるけどそれって何?

目の水晶体や黄斑部には、ルテインやゼアキサンチンが存在しています。

この2つの成分が、紫外線やブルーライトのような目に悪い光のダメージをやわらげてくれているそうです。

天然のサングラスなんて言葉も出てくるくらい、ルテインは大事なんだそうです。

過去には数え切れないくらいのルテインサプリメントを飲んできました。

そして、ここ数年、飲む日焼け止めサプリなるものにもルテインが入ってたりするのを知りました。

飲む日焼け止めサプリって何でしょうか

紫外線がシミの原因や皮膚ガンの原因になるそうですが、男性の私にはシミが増えたからってどうってことはないんですが、一応気になったので調べて見ました。

夏の強い日差しイコール紫外線が強いというわけではなく、UVAやUVBといった紫外線は1年中降り注いでいるようで、5月頃から8月頃が強いのですが、寒い冬の時期でも紫外線はずっときています。

紫外線対策としては、日焼け止めクリームが定番ですが、最近は、飲む日焼け止めサプリといって、紫外線対策アイテムの一つとして人気になっているんです。

成分としては、ファーンブロックやニュートロックスサンというのが有名みたいですが、他にはルテインなども入っているんです。

飲む日焼け止めサプリだけで、完全に日焼け止めができるわけではないので、UVクリームと一緒に使うことで、さらに意識を高めて効果を期待しましょうということでしょうね。

紫外線が目の病気の原因に?ルテインを補給しましょう

白内障や加齢黄斑変性症という目の病気も、年齢とともに起きる可能性は高くなるんでしょうけど、そのためにも、予防できることはしておきたいと思ってるんです。

調べてみると、目の病気にも活性酸素というものが関係していると言われています。

日光からの紫外線や、スマホの画面、パソコンのモニター画面などから発せられるブルーライトによって、活性酸素が発生し、目にダメージを受けてしまうと。

その活性酸素を抑える、抗酸化作用を持つカロテノイドがルテインだそうです。

年齢とともに、目のルテインが減少してくるので、それを補いましょうってことですね。

ということは、飲む日焼け止めにルテインが入っているのは、シミ対策というより紫外線が目に悪いので、それの予防をしましょうということなのでしょうね。

近年、ブルーライトが何かと話題になっていますが、パソコンを使う仕事をしていると、ブルーライトを浴びる時間も相当長くなってしまいます。

目を出来るだけ休めるようにはしていますが、気がついたら、何時間もキーボードを叩いているなんてこともあります。

ブルーライトというのは、紫外線より波長が長いそうで、目へのダメージも大きいみたいです。

いずれにしても、ルテインは目の病気のため、紫外線対策のためにも、十分補ってあげるほうが良さそうです。

ほうれん草にたくさん含まれているそうですが、そう言っても毎日食べるのも大変ですし、ルテインサプリメントで確実に補っていくほうがいいのではないでしょうか。

もう少し、飲む日焼け止めサプリについてまとめておこうと思ったのですが、今度の機会にするとします。

ついついゲームサプリに夢中になっていると、目の乾きと充血が酷くなっていることもあります。

ある程度自分でコントロールしないと、最近のゲームは怖いですね。

普段から飲んでる目の健康予防のためのルテインサプリメントと、飲む日焼け止めサプリメントに入ってるルテイン含有量は大きく違うのか比較してみたいと思います。

このところ、フローラグロールテインが入ったサプリメントもおすすめされていますよね。

飲む日焼け止めサプリとルテイン
紫外線ダメージを軽減するにはUVケアクリームを塗るのが普通でしたが、今は飲む日焼け止めサプリなるものがあり、紫外線で受けたダメージを軽減したり無効化してくれると言われるサプリがあります。活性酸素除去やメラニン活性化抑制といった働きも指摘されています。
もちろん、サプリですから、効果効能については保証されたり、検証結果があるものではありませんが、飲まないよりはということで、塗る日焼け止めと併用する人もいます。その飲む日焼け止めに入ってる成分の一つにルテインがあるということです。目にいいサプリとして人気ですが、紫外線は目も受けますので、ルテインがいいのかと思われます。